最近は禁煙ブームが盛んになったことにより様々な禁煙グッズが登場しています。そんな禁煙グッズの中でも古くから存在するのが「ニコレット」です。当サイトではニコレットの効果や正しい使い方、購入方法を紹介します。

禁煙をすることの健康的効果

喫煙が健康に大きな影響を及ぼしていることは、喫煙者の多くは頭で理解しています。
しかしながら、実際に禁煙を始めると禁断症状に陥り、数日でタバコに手を出してしまう人が少なくありません。
禁煙が続けられない人の多くは「自分だけは病気にならない」と思ってる人が大半ですが、喫煙による健康被害は想像以上に深刻なものであり、ほとんどの人が何らかの健康被害に遭っていると言っても過言ではありません。

したがって、喫煙者は禁煙を始める前に、健康面でどういった効果があるのかを理解することが大切です。
喫煙者はタバコを吸わない人に比べて10年寿命が短くなると言われており、様々な病気のリスクがあります。
その代表的なものが癌と脳卒中です。
特に肺癌に至ってはタバコを吸わない人よりも10倍から20倍は発症リスクが高くなりますから、言い替えれば肺癌患者の大半が喫煙者であると言えます。
また、脳卒中においても1.5倍から2倍は発症リスクは高くなります。

また、喫煙することで、体内のビタミンCは破壊されてしまいます。
そのため、ビタミンCは疲労の原因となる活性酸素を緩和する役目をもっていますが、活性酸素を抑制することができなくなってしまうのです。

さらに喫煙すると一酸化炭素が発生するため、血液中の酸素濃度も低下して息切れなどの症状も顕著になります。
したがって、喫煙することで癌や脳卒中の発生率が高くなるだけでなく、日常生活においても疲労感が抜け切れない症状が続いてしまうのです。

ところが禁煙することで、健康面でのリスクが軽減されるほか、喫煙者の周りにいる人が病気を発症しやすくなる受動喫煙の問題も解決することができます。
さらに、食事を美味しくいただけるというメリットもあります。

喫煙すると血管が収縮してしまいますから、胃や十二指腸といった消化器の血流が悪くなってしまいますし、タバコに含まれるタールは味覚を鈍らせる効果があります。
つまり、禁煙することで健康面に関する様々な問題を解決することができるのです。

禁煙で金銭面も潤う

禁煙と言うと健康面のメリットばかりが取り沙汰されますが、金銭面でも非常に大きなメリットがあります。
現在、日本におけるタバコの平均金額は440円程度です。

日々、タバコを買う際には気にはならないかもしれませんが、1日2箱吸う計算だと1か月あたり約2万6千円になります。
これを1年に換算すると約32万円、5年だと約160万円にもなりますから貯金しておけば旅行に行くとも可能です。
タバコ1箱が1000円程度に値上げされることも噂されていますから、今後、さらに家計に負担を与えることは間違いありません。

また、喫煙することで肺癌や脳卒中の発症率は高くなり、これらの治療にかかる金額も馬鹿にはなりません。
肺癌の場合、治療費の総額は約150万円と言われていますが、あくまでも平均的な金額であり、保険の適用とならない先進医療を選択した場合300万円以上の費用が必要です。
脳卒中の場合、医療費もさることながら入院が長期間にわたることが多いことから約180万円の費用が必要となります。
これらの費用を支払うためには、保険だけでは賄いきれないことも多く、これまでの貯金を切り崩して対応している人が大半なのです。

喫煙者はタバコにかかるお金もさることながら、病気になった際の治療が高額になることから、金銭面でのメリットは何一つありません。
特に癌や脳卒中は一旦治療が終わったとしても、後遺症が残りやすく長いリハビリが必要となり、当然ながらそこにも大きな費用がかかりますし、社会復帰できる確証はありませんから、家族にも大きな金銭的な負担をかけてしまうことになります。
もちろん、禁煙が成功すればタバコにかかるお金は一切かかりませんし、医療費も必要最低限で済みますから家計が潤うことは言うまでもありません。

サイト内検索
人気記事一覧